2019-10-07
カテゴリトップ>その他
上村淳之 木版画「爽秋」
◆上村 淳之 木版画◆
■作者肉筆サイン入・落款・番号入
■画寸:天地260ミリ×左右360ミリ(F5相当)
■額寸:天地490ミリ×左右590ミリ


←画像をクリックすると拡大されます。

 上村 淳之
「爽秋」そうしゅう
鑑賞木版画 額装品


上村淳之画伯は、上村松園、松篁と代々続く、京の「美の系譜」に連なる
正統派花鳥画の第一人者です。
画伯はまた、千羽を超える鳥類を手ずから飼育する鳥類研究家でもあり、
その描くところは、常に自然の中に身をおき、五感によって感じとった、
自然の配色の妙や生き物たちの形の不思議と生命の躍動をそのまま画布に
写しとっているかのようです。
本作は、秋冷の清澄な空間に、羽ばたく小禽「尉鶲」(じょうびたき)の
美しい姿を見事に捉えています。
鳥の羽ばたきにつれて、あえかにふるえる芒の穂先、緊張感あふれる
構図の中に、美の一刹那がきらりと輝いています。
木版画のもつ深い味わいも併せてご鑑賞下さい。


「尉鶲」(じょうびたき)
スズメ目ヒタキ科の小鳥で、大きさは雀位。
秋から冬にかけて野原、田畑で多く見られる。
姿は美しく、黒い羽に白斑があるので、紋付鳥ともいう。
上村淳之 略歴


1933年京都に生まれる。祖父母松園、父松篁ともに日本画家。
1956年新製作教会展初入選。(以後、連続入選)
1959年京都市立美術大学専攻科を修了。
1968年創画会春季展賞受賞
1986年新制作協会展で、新作家賞を受賞、会友となる。
1978年第5回創画展「晨」が創画会賞受賞。文化庁買上。
1981年創画会会員となる。
1984年京都市立芸術大学教授となる。
1994年松伯美術館が開館、館長となる。
1995年日本芸術院賞を受賞。
1999年京都市立芸術大学副学長となる。
2002年日本芸術院会員となる。
2003年古希記念「上村淳之展」巡回開催。
限定100部
■作者肉筆サイン入・落款・番号入■画寸:天地260ミリ×左右360ミリ(F5相当)
■額寸:天地490ミリ×左右590ミリ■額仕様:特製金泥額・面金布マット入
■彩色木版摺:20版58度摺■彫師:長島道男・木島重男
■摺師:板倉秀継■制作:芸艸堂
【巨匠の描く美の世界】
価格
157,500円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
お届けまで5〜7日の予定です。
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く