2019-11-06
カテゴリトップ>アーティスト別>日本人>さ行>鈴平ひろ(Hiro Suzuhira)
【版画】【中古】 SYMPHONY ミクスドメディア 本人 鉛筆 サイン 鈴平ひろ(Hiro Suzuhira)
商品の詳細 (商品番号:16490)
技法ミクスドメディア
サイン(本人 鉛筆 サイン)
エディッションPP2
絵のサイズ縦 35.0 × 横 24.5 cm
額のサイズ縦 53.8 × 横 41.0 cm
保証書アートひろば保証書アールビバン保証書 
作品状態波うち新品同様
傷・汚れ良好
日焼け・退色新品同様
額装状態フレーム新品同様
マット新品同様
アクリルわずかな傷あり

※ご注文作品にイーゼルは付属いたしません。
※写真の色と実際の色が若干違う場合がございます。
予めご了承下さい。

鈴平ひろ(Hiro Suzuhira)
東京都出身の女性イラストレーター、キャラクターデザイナー、原画家であり、フリーゲームクリエイターでもある。

中学校の同級生だった西又葵と知り合い、学生時代から同人サークル『HEART WORK』(ハートワーク)で同人漫画を描き始めた。1996年には処女単行本『儀式〜RITUAL〜』(メディアックス MDコミックス)が出版されている。のちに西又や、ゲームセンターのコミュニケーションノートで知り合ったあごバリアらとBasiLへ入社し、2000年に『Bless 〜close your eyes open your mind.〜』で原画家としてデビューした。この作品のみシナリオライターとしても従事しており、「鈴平ひろ(一条ジョニー)」と名乗っていた。『Bless』発売後BasiLを退社しフリーに転向、2001年『Piaキャロットへようこそ!!3』の1キャラ木ノ下貴子の原画に従事。人気を博したことから2002年には『あいかぎ 〜ひだまりと彼女の部屋着〜』でメイン原画に抜擢された。
2003年、海原零のデビュー作であるライトノベル『銀盤カレイドスコープ』(集英社)の挿絵に起用され、イラストレーターとしての活動も本格化した。同年、西又葵らの誘いに応じNavelを設立。2004年、Navelデビュー作である『SHUFFLE!』が大ヒットし、現在の人気を確立した。2007年2月23日、体調不良を理由にNavelを退社。2度目のフリーに移行し現在に至る。
現在も人気の高い作家である。
SYMPHONY(本人 鉛筆 サイン)
価格
56,000円 (税込60,480 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
残りあと1個です
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く